茶グマさん・・・さようなら!

 

【茶ぐまのデメリット】

 

  • 寝不足に勘違いされる
  • 元気がなく、疲れたように見える
  • 老け込んでみえる

 

など、目の下の茶ぐまクマは百害あって一利なしです(涙)

 

今回はそんなあなたのために、目の下の”茶クマ”対策用の化粧品、アイクリームをご紹介します!

 

※返金保証ありのクリームもあります

 

茶ぐま対策!アイクリームおすすめランキング!

 

アイキララ

 

 

  • 返金保証:25日以内
  • 内容量:10g(※1か月分)

  • 定期:2,682円
  • 単品:2,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 肌の弱い人

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤フリーで、天然のやさしい成分を使っています。

 

また、使ってみて肌に合わない場合、全額返金保証もあるため、安心です。

 

 

デメリットは?

 

ゆうパケットでポストへ投函してくれますが、181円の送料がかかります。

 

また、アイキララにはレチノールは配合されていません

 

 

ビーグレン トータルリペアアイセラム

 

 

  • 返金保証:365日以内
  • 内容量:15g(※1週間トライアル)

  • トライアル:1,800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のしわ・たるみに不満がある人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • トライアルで試してみたい人
  • 保湿力を重視している人

 

 

ビーグレンは365日の全額返金保証を打ち出すほど、自社の商品に自信があるメーカーです。

 

アイクリームを使って初めて実感できた!という口コミもあるほど人気があります。

 

デメリットは?

 

トライアルは安いですが、本品のセットは約12000円するため、やや高額です。

 

 

アテニア アイ エクストラ セラム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:14日間セット

    アイエクストラセラム15g
    エイジングケアラインドレスリフト 14日セット
    目元のツボシート

  • 初回:3,291円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のくぼみ・小じわ・たるみが気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • そこそこのリーズナブルをクリームがいい人
  • 乾燥が気になる人

 

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

 

MUNOAGE リペアアイクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:10日間お試し

  • 初回お試し:980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目の周りの皮膚が薄く・乾燥が気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • 無添加のアイクリームがいい人

 

MUNOAGE リペアアイクリームは”シワ治療の認定指導医”との共同開発した目元用のクリームです。

 

また、通常価格は2160円なので、アイクリームの中ではお手軽といえます。

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

目のクマのお悩み

 

クマのぬいぐるみ

 

茶グマができる原因とは?

 

体調を整えてもきちんと睡眠をとっても目の下にクマができるという場合は茶グマであることがほとんどです。茶グマができる原因は、皮膚の色素沈着です。肌そのものに色がついてしまっている状態をいいます。皮膚に色がついているのでシミと同じようなものになります。そのため、洗顔のときなどにごしごしと強くこすったとしてもなかなかとれません。色素沈着ができる原因はメラニン色素です。メラニンといったら太陽の光を浴びると発生するとイメージしている人は多くおられます。でもメラニンを作ってしまうのは、紫外線だけではありません。メラニン色素は肌の防衛反応によってうまれてきます。肌が刺激をうけたときに、肌を守ろうとすることでメラニン色素が黒くなっていきます。肌へのあらゆる刺激がメラニン色素を作るということです。目をごしごしとこすることで茶グマができる原因になってしまうということです。花粉症などで目を気が付かないうちにこすっている人がいるかもしれません。でもそれが原因となるので注意が必要です。あとは、アイメイクがきちんと落とせていないことでも茶グマが発生してしまいます。UVケアをしたり、刺激を与えないようにしたり、きちんとメイクを落とすことが茶グマを防ぐ大事なことになります。                                  

 

目の周りのたるみの原因とは?

 

目の周りがたるむ原因にはいくつかあり、加齢によって目の周りの眼輪筋などが弱くなってしまい、顔の内側にあるはずの脂肪が前に出てきてしまうことがあります。眼輪筋が弱くなってしまうのは、加齢や紫外線などによる組織の破壊や、叩くなどの刺激によります。むくみが原因で目の下にたるみが起こることもあります。加齢による目の周りのたるみの解消方法には、エクササイズが効果的です。加齢による目の周りのたるみは眼輪筋が弱ってしまい、皮膚の内側にある脂肪がせり出てしまうことから始まるので、普段意識しない眼輪筋ですがエクササイズすることによって、眼輪筋のある場所を認識したり、動いていることが分かるようになるでしょう。眼輪筋を鍛えることにより、目の周りのたるみを解消することが可能です。例えば人差し指を使って、目の周りをマッサージしたり、引っ張ったり、伸ばすことによって鍛えることができるでしょう。顔のむくみによる目の周りのたるみは、新陳代謝を高めることにより解消することが可能です。体温を高めることによって顔の血流を促し、発汗させることにより老廃物を流し出します。サウナやホットヨガ・岩盤浴などが良いでしょう。血流が良くなることによって、むくみが解消していき顔色も良くなってきます。

 

 

青グマが目の下にできる原因は?

 

目の下にできるクマには様々な種類がありますが、中でも女性に多いのが青グマと呼ばれているものです。
なぜ、女性に青グマができやすいのかといいますと、それは血行に関係があります。
そもそも女性には生理があり、生理前になると血液の流れが子宮に集中しやすくなるために体中の血行が悪くなり、いわゆる血行不良の状態になります。
そして、目の下の皮膚はとても薄いために血行不良になると、その血流の滞りがダイレクトに現れてしまうわけです。
つまり、目の下の青グマの原因は血行不良が大きな原因となっているのです。
また、冷え性の女性はどうしても血行不良であることが多いため、どうしても青グマができやすい体質の方が多くなります。これが女性に青グマ持ちの方が多い最たる理由となります。
では、青グマを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
それは、とにかく血流を良くしてあげることに尽きます。
身体が冷えないように寒い時期は薄着を控えることや、入浴はシャワーで済ませずに湯船にしっかりと浸かるなど(できれば半身浴などがおすすめです)、とにかく体中の血行を促すようにしましょう。
また、目の下の皮膚は薄いので力を入れて行うことは厳禁ですが、顔周りのリンパをマッサージなどで流してあげることも青グマの改善に役立ちます。

 

 

 

基礎化粧品Q&A

 

ハイドロキノン配合の化粧品@メリット・デメリットを解説

 

シミの改善や美白効果がある成分として知られるハイドロキノン。そのハイドロキノンが配合された化粧品のメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

ハイドロキノンとは、麦芽やいちご、コーヒーなどに含まれる天然の成分です。アメリカでは20年以上前から使用されているポピュラーな美白成分ですが、日本では2001年から化粧品に配合されるようになりました。

 

メリットはもちろん、その高い美白効果です。ハイドロキノンはメラニン色素やチロシナーゼと呼ばれる活性酵素を抑制するだけでなく、還元作用によって今あるシミを薄くすることができます。その美白効果はアルブチンのなんと100倍以上といわれています。

 

しかし、色素沈着が真皮に及んでいる場合にはその効果は期待できません。デメリットはそのほかに、高い効果故に刺激が強いことがあげられます。濃度が高ければ高いほど美白効果も期待できますが、刺激も強くなってしまいます。肌が敏感な人は炎症を起こす可能性があるほか、高濃度のものの使用や長期にわたって使用し続けることで「白斑」と呼ばれる皮膚が部分的に白くなる現象が起こることがあります。

 

またハイドロキノンは酸化しやすいという特徴があります。そのためハイドロキノン配合の化粧品は、開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。